スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
ある夜、場所はAuthaの愛艦ヴェスタロスⅢ世号の艦橋。
天候は穏やかで風もほどよく、単調な波の音が飽きることなく艦内の者たちの耳を刺激する。

Autha(以下オ):・・・すまないルイス、あとは任せるよ。明日の朝にはペルナンブコに着くと思うから、そしたら一度寄航する。その頃には僕も起きてると思うけどね。
ルイス(以下ル):了解です。海戦も近いし船長はゆっくり休んでて下さい。
オ:まだしばらくは起きてるから、何かあったらすぐ呼んでくれていいよ。じゃ頼んだ。

Authaはかぶりを振って艦橋から出て行った。
それと入れ替わりにランスロットとフランシーヌが艦橋に姿を現わす。
今の時間が非番な事もあって二人ともごく軽装ないでたちである。

ランスロット(以下ラ):よう、夜の番お疲れ様だな。
ル:どうしました?二人とも今日は私が番をするから休んでていいですよ。
フランシーヌ(以下フ):それはいいんだけどさ、船長最近何かボーっとしてること多い気がして気になるの。ルイスはわかる?
ル:仕事は問題なくやってますし、別に変な様子もないですけど?最近誰か気になる女の子ができた感じでもないですし・・・。
フ:ジセルちゃんに振られたとかって話も聞かないもんね。船長なのに。
ラ:バカ、そういうのじゃねえよ。先月船長の家にどこかの使いが来てからじゃねえか?なんか考え事してるのを結構見かけるぜ。この間その事について船長につい聞いたんだが、何でもないだの君たちは気にしなくても大丈夫だのと何か歯切れの悪い返事しか返ってこねぇ。

露骨に心配そうな表情をしているランスロットに対し、ルイスはあくまでも落ち着いた表情を崩さずにイスを座りなおした。

ル:・・・だったら大丈夫ですよ。船長はああやってボーっとしてるように見えても、いつでも私たちや乗組員たちには絶対に悪いようにはしない努力をする人ですからね、昔から。何かあれば船長の方から言ってくるでしょう。
フ:ルイス、付き合い長いもんね。
ラ:まぁ、お前もそう言うんなら大丈夫か。じゃ、明日からは海戦の準備で忙しくなるから今日は先に寝るぜ。
ル:はい、明日の作業は二人ともよろしくお願いしますよ。


ということで、前回海戦から大して記事も書かないうちにまた海戦がやってきました。
今回は攻略対象港がヴェネ同盟港のサロニカということで、前回よりは準備も少し楽かなと。
当初、次の海戦は4月中旬以降だろうと踏んで、そのつもりのペースで海事上げを進めていたためにいまだ海事48で、戦列艦に間に合わないというトラブルがありましたが、それ以外は何とかうまくいきそうな感じ。
ラムアタックが意外と有効とわかった(というか、面白くてw)ので、☆2止まりだったガンボートを☆3で直撃阻止を付けてラムアタックをしやすくしてみました。

今回もハーレム艦隊で参加できそうで、前回と違って敵を探すのに困る事もなさそうなので、前回90しか取れなかった戦功をもう少し多めに稼げそうな予感。ただ、常勝国イングヴェネを相手にどれだけやれるか、てところかな。
ロン模擬に参加させてもらってからイング軍人さんの力を肌で感じてきたけど、やっぱ強いしうまいのだ。先日月曜の海戦想定模擬では名だたる精鋭艦隊が固定で参加してて、彼らを見てたら妙に武者震いした。海戦で当たったらどうなる事かな。・・・いや、ちょっと楽しみだったりもするんだけどね。

今回は先述の通り調整が不十分のまま本番を迎える事になってしまうけど、次回こそは戦列を引っさげて砲撃系以外のスキルももう少し充実させて、もっと自分のスペックを底上げして使い物になりたいものだな。

という事で、これから支援バザとかブイ練習とかもあるので、ブイメンバーや支援の方々、ハーレム艦隊のメンバーも含めてみんなよろしくお願いしたいです。
スポンサーサイト
 
ネコノ #JdfJEj/g
 
…なるほど、いつもこうやって寝落ちしてるんですね?w

大海戦、がんばろーねい。
Autha #-
 
おーさも部屋に帰ってるから問題ないやんw

海戦、がんばろう。いつかイングヴェネにも勝ちたいねぇ。
秋桜リヤ #-
 
戦列艦か・・・私にはまだまだ遠い船だなぁ~
海事頑張ってるんですね~^^
海戦ガンバです^^
Autha #-
 
海事52なんぞどれだけ遠い道かと思ってたら、気付けばもうあと経験170Kってとこまで迫ってきたよ。
とりあえずロリゲの56までは一気に上げたいところかな。

秘密にする

 
トラックバックURL
http://aprondper01.blog81.fc2.com/tb.php/64-f031b466

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。