スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第30回大海戦まとめ&ブイについて 
今回の大海戦も無事終了。
安全海域であるゆえに終了後のPK被害もなく、また海戦期間中にどこかの地域で投資爆撃が起きたりもせず、至って平和といった感があった。

ただ、今回のブイは恒例の人手不足に加えて、普段から中心となってメンバーや実戦部隊の方々を盛り上げてくれている常連メンバーが数名参加できず、金曜に至っては2人スタートという惨状だったわけだが(私はその2人の中には入ってないw)。

とりあえず結果を見てみよう。

3日目・終了5分前
さすがにイングは強かった。3日目の終了5分前で上画像の通り。
初日で45-55と離されて以降はわずかながら差を詰めるものの、逆転には至らず。
6月のブレーメン海戦の時よりも確実にポルネデの力はついてきていると思われる反面、広い戦場を分散する前に北海で抑え込まれて相手のやりやすいようにやられてしまった感があった。
ブイの方も今回は人手不足が目立ち、戦場の誘導や局地情報の伝達などが思うようにできてなかったのも敗因の一つに数えられると思う。


ここからは、私個人のブイの反省。
3日目、ヘルデル~アント周辺で対人戦が激化してきた事を受け、北海の広域偵察からヘルデル~アント付近の戦況を周辺にNシャウト(途中から普通のシャウトに変更)を流す局地ブイに切り替え、近くにいたブイメンバーと艦隊を組んで3人1チームで自分がまとめ役として情報収集と伝達にあたったのだが・・・。

早い話、うまくチームを回せなかった。
局地ブイ自体が前回のサンジョルジュ海戦で試験的に行われたものであり、その時のメンバーに自分が入っていたととはいえ、ぶっつけで運用を試みるのは少々無茶だったか。
戦闘海域のラグがきつくチャットの入力もままならなかったのは事実だが、逐一適切な指示をチームにできなかったり、その為に情報の伝達に柔軟性が欠けてたりする状況が多かった。
物量でどうしても劣るポルネデだが、実戦部隊の方々がもっと戦いやすいようにできれば勝利は決して見えないものではないと思うんだが・・・。

まだまだ自分、精進すべきところが多いな。


↓FC2ランキングに参加中。クリックして応援してください^-^
スポンサーサイト
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://aprondper01.blog81.fc2.com/tb.php/53-2bd79ed9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。