スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第21回大海戦 3日目&総まとめ 
3日間に渡って繰り広げられてきた大海戦が無事に終了。
体力的にも精神的にも大変だったけど、とても充実した3日間だった。

1日目の出撃前に何となく「戦場の情報はあった方がいいよな」程度の気持ちで情報チャットルームに参加させてもらった事がきっかけで、以降の日程で自分も情報ブイ要員として微力ながらネーデル・ポルトガル連合軍全体に協力できた。そしてその中で知り合いやフレができたりもした。たかがゲーム内での世界とはいえ、人と人とのつながりって大きいんだなって感じた。

今回自軍はブイ要員が不足していたのだが、こういう状況になると俄然やる気が出てしまうのが私の性分で、何かあるたびに情報チャットで「アテネ→黒海 敵PC3艦隊移動」とか『それっぽい』気分でやっていたわけだ。《左写真》
やっぱ劣勢状態で「みんながんばれ、巻き返すぞー」的にがんばるのがいいんだよ、うんうんw
ブイシャウト

ブイメンバーとしての雄姿w




で、戦果の方だけど、総合計ではネーデルはフランスに一歩及ばなかった。Zサバのフランスは対人慣れしている上にイスパニアと組んでいる関係もあって物量でも勝ってた。悲しい言い方かもしれないが、状況対戦果で見たらがんばった方だとは思う。

個人的には、戦功は3日間計で42だった。
比率では日程順に20:13:9で、日を追うごとに成績が悪くなってるのがなんとも…。
最終日に組めたペア艦隊の方の動きや、全体的な戦況等を考えたらちょっと私の判断ミスもあったかも。本来は情報役で一番戦況を把握している私がちゃんと判断しなければいけなかったのに、である。

でもでも、海戦自体はとても楽しかったし、戦闘以外でも出来る事が多い事もわかったのでこれからも色々な部分で参加していけたらとは思うところ。あと、海事に対するモチベも変わったので、Iysaももう少し海事上げようかな。もしかしたら本当にあぽさん(もるひねちゃん)と一緒に戦列艦に乗る日が来たりしてねw


あと、すげぇ突っ込みを一つ。
昨日東地中海を回ってた時に、攻略対象港であるベイルートの周辺に敵影(PCもNPCも!)が全然いなくてすっからかんだったww

普通に考えたらこれありえないでしょうw
確かにゲームシステム上、街を直接砲撃するなんて事はできないけどここまであからさまにがら空きなのはどうかと。これじゃ別働隊が少数で潜入でもしたら即勝ちが決まってるところだよ。しかも劣勢なネーデル陣営なら真っ先に考えそうなとこだしね。
少数精鋭の兵士連れてがら空きのベイルートの本陣に奇襲殴りこみをかけるの。勝ち戦に浮かれているフランス軍将官なんかではあらゆる意味で背水の陣状態のゲリラ隊の相手にならなくて、見事ベイルート奪取……とかねw
いや、これは本気で一度やってみたいなーww


とにかく、一緒に参加してくれたみなさん、3日間おつかれさまでした&ありがとうございました。
これからもこういうイベントには(声かけるので)参加していきましょう~。
ということで、最後にカンディアの教会前で記念撮影。《中・右写真》
本当はますさんとニートさんも参加していたんだけど、一緒に行動できなかったのが残念。今度はちゃんとしっかり艦隊計画立てますね。

記念撮影

最後にカンディアで記念撮影。
スポンサーサイト
第21回大海戦 2日目 
大海戦2日目。
昨日の反省会で出た話を元に、色々と動き方を考えてみた。主なものとしては、



・昨日はアテネ付近がPC同士の激戦区だったが敵側が数的有利にあったため、今日は黒海にPCが多数流れてくるだろうという予想

見事的中。今日は序盤戦からかなり敵PCが黒海まで流れ込んできて、戦闘Lvの高くない私たちの艦隊が相手にするのは危険だった。
早い段階で黒海から退避して、サロニカ付近でNPCを相手にしていたので、昨日よりはPCに蹴散らされる頻度は少なかった。サロニカ付近は昨日もPCが手薄という情報は入ってた。


・今日こそは、是が非でもペア艦隊の確保をする

時間が遅かったせいもあったが、結局ペアが組めずに戦うことになった。そのため、昨日同様に敵PCを発見したらほぼ逃げの一手だった。
ただ、艦隊募集シャウトをしたところ1名誘えたので、艦隊自体は5人いっぱいいっぱいで組む事ができた。


今日はこのくらいかな。
第21回大海戦 1日目 
今日は仕事が休みだったのもあって、最終準備をじっくりできた。
とりあえず準備に関する反省点としては、

・対人しないなら、手桶はそんなにいらない
・同じく、対人しないなら機雷はほとんど使わない(つまり、弾薬は多く積まなくていい)
・見張りスキルは、もってたほうがいい


てところか。



序盤戦と中盤戦を4隻艦隊で参加したんだけど、ここでまた反省点がいくつか。

・ペア艦隊(すぐに援軍に入ったり入ってもらったりするための並走艦隊)を組んでなかったため、敵PC艦隊に狙われると散々な目に遭った
・そもそも私自身が大海戦初めてで慣れていないために、しなくていいミスが多かった(白兵戦からすぐ撤退しなかったり、撃沈後難破しなかったり)



まぁ、明日明後日もあるから、今日の反省点を踏まえてもっとうまくやるようにしよう。


後半戦には参加しなかったので、戦場の雰囲気を感じようとして哨戒してた時に、ちょうど情報ブイ募集のシャウトがあったのでそれに参加して偵察活動をしていたんだけど、これが結構面白かったw
集めた情報は希望者に情報チャットという形で流されてるっていう仕組みで、なんか情報戦だよすごいよーって一人で浮かれてたww


戦況としてはネーデルランドが劣勢だけど、明日以降どういう流れになっていくかね。
……いあ、フランスが物量的にもマンパワー的にも有利なのはわかるんだけどね@@;
初めての大海戦前夜 
このたびネーデルランド・フランス・ヴェネツィアの新三国も大海戦の主戦国になる形式になり、今回はネーデルランドの攻撃ターン。

これを機に、今まで他人事だった大海戦に初めて参加してみようと思い、色々準備に奔走した。


●昨日までの動き
中型船はコルヴェット、小型船は戦闘用フリュートを商会メンバーに造船してもらった。どちらも速度を重視して鉄とか銅はやめておいて、被クリティカル率を少し減らす意図で。
海戦用の船

コルヴェットはあえてローズウッド製をチョイスしてみた。


ミスト殿

今回フリュートを造ってくれたミスト氏。



他の準備のうち、補助帆や一部の船道具は自分(IysaかAutha)で作れるので、昨日はプレイヤーイベントの支援バザー会に参加しながら一方で必要量生産した。メインステイスルは必需品のようで、結構すぐ売れる。
自分も支援バザーの恩恵に預かり、船首像や大砲を確保。


●今日の動き
船員を補充する為の酔い覚ましと、昨日確保できなかった手桶の為の材料採集。ヤスさんと二人で海草と草と丸太を採りまくり、逐次作っていく(手桶はヤスさんは確保できてたので私だけ)。


しかし、否応なくテンションが上がる。何せ初のネーデルランドの大海戦だから。
今までネーデルといえば弱小国っていうイメージが付きまとっていたけど、支援バザーをして助け合ったり、大海戦時期の寄港地確保のために適当な場所を投資家の人たちが一斉投資して同名港を増やしたり(黒海沿岸のセヴァストポリを租借地として取った)、戦闘をする人もしない人もよくがんばっている様子がわかる。

フランス・イスパという2大巨頭といわれている国が相手だけど、ぜひ善戦して初大海戦を勝利で飾りたいところ。
みんな、がんばろう (o`・ω・)ゞ
調理・非優遇カンスト 
縫製がやっと8+1に。
試しにトリポリ~ラグーザでオランダ更紗を作っていたら、資金はともかく時間の効率は結構よかったのね。
トリポリで綿花を積める限り綿生地にして積んで、ラグーザに持っていってウォードを買ってオランダ更紗を作る。倉庫477の商用サムブで1回やったら、縫製の熟練度が2300くらい上がった(綿花→綿生地の分の熟練含む)。

それをヴェネツィアからウォード10個ポルトベロに運ぶクエしながら新大陸に行って投下したら収益的に結構おいしいので、少しはコストが緩和される。


調理10

大海戦の日が近づいてきたが、あっぷるたんにピザ1000食の発注を受けてこなしたところちょうど調理が10になって、Iysa&Autha初のスキル非優遇カンストを達成(o・ω・)v


最近はバレンタインのLiveイベントも開催されてるけど、前回のクリスマスイベントで気合入れすぎたせいかあまり気が乗らない。まぁ前回と違ってリアル1週間でアムス~インド往復しろと言われたりはしないけど、ちょっとだるい。
貴族の子どもが何か女の子へのプレゼントを欲しがっているのだが、そんなもん人に頼るでない。しかも何に使うんだそれ?w
バレンタイン

貴族のぼっちゃん。
ジーベックへの道 
海事25到達

予想よりも大幅に早く海事25に到達。
やっぱカリブ海事はウマーですわ。
ジェノヴァ~チュニスでクエ回すのとは時間効率が段違いで、まさか10日もかからずに20から25まで上げられるとは思いもしなかったよ。


終盤に大砲のストックを切らしてヨーロッパに戻ったついでにバルト海に行ってみたりもしたけど、カリブに比べると全体的に戦いづらくて経験値もしょっぱい。海事24ですら経験値キャップかかるNPCもいるしね。


「ジベに乗りたいけど海事がマゾくて」っていう人はガレオンクラスの船だとカリブでは十分やれるので(ただし間違ってもフリビュやバッカニアにはケンカ売らないようにw)、一度チャレンジをおすすめします。機雷があると尚よいです。



ジベ

ということで、念願のジーベックをパーソナルカラーに塗り替える日がついにきました。
毎度おなじみの青+黄の船体に青白の帆。
今回はちゃんとまともな名前も付けました。


とにかく、ここまでは本当に長かった。おめでとう私、お疲れ様私、今まで色々な所で協力してくれてありがとうみんな。



とりあえず考古学者に転職したけど、ぼちぼち考古学と宗教学と美術上げたら翻訳家もやりたいところ。
どっちにしても、当分は調理を覚え直す以外は冒険一本になるかな。

さぁ、クリッパーへ一直線ゴー!
殺戮日誌 
カリブ海賊狩り

賞金稼ぎに転職して数日、カリブ海サントドミンゴ周辺で片っ端から海賊船を沈める日々が続く。

クエストと違ってその辺にいる野良海賊と連続して戦う事になるので結構いい感じに経験稼げるわけ。1戦闘ごとに街に寄航する必要がないから、時間効率がかなりいい。


というところでちょっとNPCに関してメモ。後に続く方々の参考になると幸いっす。
ちなみに経験値は全て砲撃or機雷で沈めた場合の数値。白兵で沈めた船がある場合は下記よりも少なくなる。


●自警団(小型ガレオン3隻)  経験値220
ラムアタックと白兵を狙って真っ直ぐこちらに向かってくるので、正面クリティカルが狙いやすい。56門フルファイアでクリ取った場合、ペリエでも高確率で即死させる事が可能。
機雷で戦う場合、逃げつつ機雷を撒いていれば勝手に踏んで自滅してくれる。

●カリブ海賊(軽ガレオン3隻)  経験値270
普通に砲撃して、普通な感じの強さ。特記事項はない。
動きはメリーゴーランド型なので機雷も有効。

●賞金稼ぎ(大型キャラック3隻)  経験値300
ちょっと砲撃が痛く修理が速いが、白兵を仕掛けには来ないため耐久に気を付けていれば負けることはない。
メリーゴーランド型の動き方をするので機雷は有効。

●私掠艦隊(大型キャラック+戦闘用キャラック3隻)  経験値330
まず戦キャラ3隻が白兵狙いで突進してくるので正面クリ狙いで迎え撃ちたくなるが、白兵時の攻撃力が高いため(90か100くらいあると思った)クリを外した時のリスクが大きい。
白兵に持ち込まれてあまり名倉を消耗させられると、子分を全滅させた後にはそれまで黙っていた旗艦が突撃してくるので結構危険。
気分転換に狩るのはいいが、基本的におすすめはしない。


とまあ、時間効率のおかげで海事レベルは既に23の中盤を過ぎたところまできたので、ジベまであともうひとがんばりってとこかな。


ところで、今回のバレンタインアップデートなんだけど。

……親密度によって何かプレゼントくれる酒場娘って、各本拠地のだけなのね。私誰とも親密度あげてないよ。・゚・(つД`)・゚・。

そしてクリスマスイベントの時と同じように、各地のいろんな人の悩みを聞いて解決したら次のホワイトデーイベントの時に後日談が見られるらしいけど……




まさか、東南アジアとかサンアントニオ往復してこいとか言わないよね?(メ-ω-)

マルドナード

イスパの旗つきNPCのマルドナード。
オフ版4で登場し、ヴェラクルスのエスカンテ軍と共に主人公達の前に立ちはだかる。
イスパニアのカリブ総督という表の顔を持つが、実際はカリブ海賊の元締め的存在。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。